収入があるかないかが決め手!主婦がアイフルを利用する為には

消費者金融は貸金業法に則った運営をしているため、アイフルでも総量規制である年収の3分の1を超えた融資はおこなっていません。そのため、アイフルだけではなく消費者金融では本人が働いて収入を得ていなければ審査に通ることが出来ないようになっているのです。専業主婦は、配偶者やその他の家族に収入があり世帯収入的には何の問題がないとしても総量規制法により本人が働いて収入を得ていないためアイフルを利用する事は出来ません。

 

年金のある専業主婦であっても、それは本人の安定した収入と見なされない為に審査に通過することは出来なくなっているのです。しかし、専業主婦以外の主婦の場合はどうでしょうか。専業主婦ではなく本人が働いて収入を得ている主婦ならば、アイフルに申し込む事は可能です。とはいっても、働いている主婦なら審査に通るとも限りません。主婦がアイフルの審査に通過するには幾つかのポイントがあるのです。そのポイントとはどの様なものなのでしょう。

 

主婦がアイフルを利用するポイント!収入があれば主婦でも大丈夫?

 

収入があることは主婦がアイフルに申し込む為の条件のひとつであり、収入がある主婦=審査に通過する訳ではありません。収入があっても審査に落ちることも考えられます。収入があるのに審査に落ちる主婦にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

収入が安定していない

 

収入があるといっても、その収入が不安定であれば審査に通らない可能性は少なくありません。毎月の継続した収入がなかったり、仕事も単発で働いている場合などは収入が不安定であると判断される可能性があるという事です。正社員ではなくパートでも構いませんから、毎月ある程度のまとまった収入がある主婦の方がアイフルでは審査に有利となります。

 

他社からの借り入れが多い

 

安定した収入があったとしても、他社からお金を年収の3分の1を超えて借りていたり同時に他の業者にも申し込みを行っていると収入のある主婦であっても専業主婦と同様に審査に落ちてしまいます。アイフルで借りたいというなら、他の金融業者からの借り入れはきちんと整理しておいた方が良いでしょう。すでに複数の業者と契約をしている場合も主婦の審査に悪い影響を与えてしまいます。

 

分割払いの延滞がある

 

クレジットカードを使ってショッピングの分割払いを利用したり、エステでローンを組んでいる場合に支払いを延滞した事はないでしょうか。消費者金融からの借り入れとクレジットカードを利用したショッピングの分割払い込は別物だと考えているケースが見受けられますが、実際こうした分割払いも借金であり延滞をすると信用情報機関に延滞の情報がしっかりと登録されてしまいます。アイフルでも審査の際には信用情報情報機関を活用していますから、こうした延滞がある場合は要注意です。

 

主婦の場合はアイフルの女性専用ローンの検討も

主婦の場合、家事や子育てとの両立のために勤務時間も短くて済むパートとして働いているケースが多くなっています。すると収入が正社員として働くよりも少なくなってしまうものです。また主婦の場合、男性よりも消費者金融を利用する事に抵抗があるケースも多いものです。そんな主婦にはアイフルの女性専用カードローンを選ぶという方法もあります。限度額が通常よりも低く設定されているため、借りすぎや返済に困るらなくて済みますし、他にも女性に対して配慮がなされている点がアイフルの女性専用ローンの魅力です。

 

まとめ

アイフルでは収入があれば、もちろん主婦の場合も借り入れを行う事が出来るので雇用形態に関わらず働いている主婦はアイフルへ申し込みを行ってみましょう。安定した収入があれば申し込みの条件は満たしていますから、アイフルの審査の結果次第で主婦でも借り入れをする事が出来るようになります。主婦であっても審査の内容や通過基準が変わる事はなく年収や勤続年数、個人信用情報によって結果が決まります。逆に申し込み条件を満たしていない主婦というのは、収入がない専業主婦です。

 

アイフルの1秒診断でも判断する事が出来ますが、専業主婦の場合はこの1秒診断でも融資出来ないという結果が表示されてしまいます。専業主婦の場合は、パートやアルバイトでも構いませんから自分で収入を確保してから申し込みを行う必要があります。また、最高融資可能額は10万円までとなりますがアイフルには女性専用ローンもあります。主婦の場合で、少額の融資を希望するならこちらから申し込んでみても良いですね。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル