当てはまったら危険!アイフルの審査に落ちる可能性も…

アイフルは銀行系のカードローンよりも審査に通りやすいと言われていますが、アイフルでも当然全員が審査に通るはずはありません。きちんとした審査の結果、アイフルの基準を満たした人のみがアイフルで借り入れをする事が出来るのです。アイフルには1秒診断という簡易審査の結果が分かるサービスがあります。

 

この段階で融資出来ませんという結果が出た場合は、残念ながら本審査に申し込みを行ってもアイフルを利用する事は出来ません。ですが、逆にこの1秒診断で融資可能と言う結果が出ても必ずしも審査に通過することが出来る訳ではないのです。ですから悪魔でもって1秒診断は簡易審査であって目安であるという事を覚えておきましょう。では、実際アイフルの審査ではどの様な点が重視され、どういった場合に落ちてしまうのでしょうか。

 

こんな場合は注意!アイフルの審査に落ちる人の特徴とは?

アイフルでは年齢や職業、年収や勤務年数などの属性が審査の結果を左右します。この属性では、年齢は20歳から69歳までが審査に通過する条件となっており70歳以上となってしまうと審査に落ちてしまいます。また職業に関してはこうした職業は落ちるといった決まりはありません。働いて収入を得ていれば勤め先や雇用形態に関わらずアイフルの審査に通る可能性があります。一方で自分で収入を得ていない専業主婦やバイトなどもしていない学生の場合は1秒診断でも分かりますが、アイフルでは融資が出来ないという結果になってしまいます。

 

他社からの借り入れ額、申し込み数は大丈夫か

 

上記にあげた年収や職業といった属性の他にも他社からの借り入れ額も審査の結果に大きな影響があります。消費者金融であるアイフルは、年収の3分の1を超えた借り入れを禁止する総量規制法の対象ですからもし他の金融業者から既に年収の3分の1に近い借り入れをしている場合は審査に不利に働いてしまいます。また3分の1を借りている場合は、1秒診断でも融資出来ないと表示されるはずです。

 

また、現在他社からの借り入れをしていないもしくは年収の3分の1に借り入れ額が達するまで余裕がある場合でも複数の業者に申し込みを行っている事が判明した時には審査に落ちる可能性は高いといえます。この場合は他社への申し込みから半年以上経ってから、またはカードを解約してからアイフルに申し込んだ方が賢明ですね。他社への申し込み情報は、信用情報機関に半年ほど登録される事となるからです。

 

勤務年数は審査に影響する?

 

そしてアイフルの審査では、勤務年数や現在の住所への居住年数も影響を与える事があります。例えば、正社員としてきちんと働いていても勤務してから1カ月足らずであったりする場合は、審査に落ちることが考えられるのです。いくら正社員であっても仕事を辞めてしまえば収入は無くなってしまいます。勤務から1カ月足らずでは、この先継続した収入が安定してあるかどうか判断出来ないため、半年程勤務実績を作ってから申し込んだ方が良いと言われています。その他にも、申込書類の内容に虚偽があった場合などにも審査に落ちる事になってしまいます。住所なども必ず現在実際に済んでいる場所を記入する必要があります。提出する前に書類の内容はきちんと確認しておきましょう。

 

まとめ

アイフルを利用する時には、申し込みの前に1秒診断を活用しておきましょう。悪魔でも簡易審査ではありますが、アイフルでは審査の基準を満たさない場合は、1秒診断でもしっかりと融資不可能という結果が表示されます。例えば収入が0円であったり既に借り入れ総額が総量規制にそぐわない場合は、こうした融資不可能という結果となってしまいます。

 

また場合によっては、勤務年数が少なかったり短期間に複数の業者に申し込みを行った時にも年収などには何の問題がなくても審査に落ちる可能性も出て来てしまうのです。勿論、返済の遅れなどがあった場合も同様です。そして申し込みの際の書類に記入ミスや虚偽がないように注意してください。アイフルに申し込みをする前には、1秒診断を試したり上記の審査ポイントをもう一度確認しておきましょう。審査に落ちて借り入れが出来なくても、ローンに申し込んだ記録だけはしっかりと残ってしまいます。ですから、そうならない様に闇雲に申し込むのではなく事前の確認が大切なのです。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル